メニュー

鼻の病態(鼻水、くしゃみ、鼻づまり・鼻炎など)

鼻鼻は呼吸や嗅覚、声の共鳴に関わる大切な器官です。鼻に起こる症状には、副鼻腔炎、鼻炎、嗅覚障害などがあります。

おもな症状

鼻水がでる、鼻水に悪臭がある、鼻詰まりがひどい、鼻血が良くでる、いびきがひどい、鼻の奥が痛い、においを感じない、など。

鼻の病気

副鼻腔炎

鼻の奥には、副鼻腔という鼻と繋がっている空洞があります。副鼻腔には、上顎洞(じょうがくどう)、篩骨洞(しこつどう)、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)、前頭洞(ぜんとうどう)の4種類が左右それぞれにあり、合計8つで構成されています。

副鼻腔炎とは、かぜなどの菌が鼻の奥に感染することによって副鼻腔に炎症が起きている状態の事です。副鼻腔内に炎症が起こると、鼻水や膿が上手く排出できず、鼻水に臭いや色がついたりします。ひどくなってくると、頭痛・頭や顔が重たく感じるといった症状も出現します。副鼻腔炎には急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の2種類があります。

急性副鼻腔炎

主に細菌による鼻かぜが悪化して急性副鼻腔炎が発症します。また、虫歯や顔面のケガが原因で副鼻腔に炎症を起こす事もあります。

黄色・緑色の鼻水、鼻づまり、後鼻漏、頭痛・頭重感、嗅覚低下といった症状が起こります。

重度の炎症を伴う場合は、顔面痛・顔面腫脹、まれに視力障害や、髄膜炎・脳炎を引き起こすケースもあります。

治療としては、まずは5~7日程度去痰剤などの鼻炎対症薬を内服します。症状により抗生物質を用いる事もあります。この時点で多くの方は症状が軽くなりますが、状態に応じてさらにもう1~2週間抗生物質などの内服を行う場合もあります。

ご自宅ではできるだけ鼻をかみ、鼻水を鼻内にためこまないようにしましょう。

小さなお子さんについては、親御さんがご家庭で吸い出してあげてください。

鼻水の量が多い場合やうまく吸い出せないお子さんの場合、鼻の処置のための通院をお勧めする事があります。

内服終了後、自覚症状や診察時の鼻内の所見が改善していれば治癒となります。

急性副鼻腔炎は、約1~2週間ほどの治療で治る事が多い疾患です。

その一方で、この2週間の期間で治らない方は、慢性副鼻腔炎に移行した疑いがあります。

慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎とは、急性副鼻腔炎が完治せず長期化したり、完治しても再発をくり返し、慢性化した副鼻腔炎の事です。
慢性副鼻腔炎には様々な種類があります。一般的な菌の感染による副鼻腔炎の他、真菌(カビ)による真菌性副鼻腔炎、難治性の好酸球性副鼻腔炎などがあります。このうち、ここでは一般的な慢性副鼻腔炎について解説します(それ以外は稀な疾患です)。

慢性副鼻腔炎の症状としては、鼻づまり、黄色・緑色の鼻水、嗅覚障害、後鼻漏、鼻のポリープなどがあります。

急性副鼻腔炎との違いは、症状が緩やかに進行することです。しかし、急激に症状が悪化する急性増悪という状態を起こす事があります。

慢性副鼻腔炎は短期間で治療することは困難で、まずは2~3ヵ月を目処に投薬治療を行います。治療としては、マクロライド系の抗生剤の少量長期投与や鼻炎のコントロールを行います。

通院中は副鼻腔内の鼻水をきれいにする鼻処置、ステロイドや抗菌剤の入ったネブライザーを使用します。投薬治療の効果が乏しい場合、鼻の中のポリープがひどい場合や真菌が原因で起こる慢性副鼻腔炎の場合などは、手術が必要と考えられるこがあります。その際には手術可能な医療機関を紹介いたします。

 

アレルギー性鼻炎

人間の体には、体の外からやってくる異物を取り除こうとする働きがあります。これをアレルギー反応といいます。アレルギー反応を起こすものをアレルゲンといいます。アレルゲンには、花粉や家のほこり(ハウスダスト)、犬やネコの毛などたくさんの種類があります。これが鼻の中でアレルギー反応を起こすと、アレルギー性鼻炎としてのくしゃみや鼻水といった症状がでてきます。

この病気は日本人の約4割が悩んでいるといわれています。
アレルギー性鼻炎の代表的な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。他にも目のかゆみ、流涙といった目の症状や、全身の皮膚のかゆみ、咳や痰の増加が見られることがあります。

アレルギー性鼻炎の原因はアレルゲンですが、そのアレルゲンにはいろいろなものがあります。

アレルゲンとして代表的なものには、家のほこり、花粉、ダニ、カビ、ペットの毛などがあります。また、花粉の中にもスギ・ヒノキといった春の花粉症を起こすものから、カモガヤ・ハルガヤといった初夏に飛散するイネ科の雑草、ブタクサのように秋に飛散するものなど様々なものが知られています。

アレルギー反応は体の防御機構が正常に働いていることを意味します。そのためアレルギー反応自体をなくすことはできません。

また、今までくしゃみや鼻水で困ったことがなかった、という方でも急にアレルギー性鼻炎になることがあります。

治療としては、鼻の中のアレルギー反応を抑える薬を使います。この薬には飲み薬や鼻のスプレーなどがあります。

飲み薬は種類がたくさんあり、場合によっては効き目は弱いが副作用の眠気が出にくいもの、逆に効き目も眠気も強く出現しやすいもの等あります。

患者さんひとりひとりの症状やライフスタイルに合わせて処方を行う事が大切になってきます。

また、近年では免疫療法と呼ばれるアレルゲンを少しずつ体に取り込んでアレルギー症状を抑える治療法もあります。是非ご相談ください。

鼻出血

鼻出血は多くの場合、鼻の粘膜の入り口にあるキーゼルバッハ部位と呼ばれる場所から発生します。ここの粘膜は細かい血管が集まっているので、ちょっとした刺激で出血しやすいのです。

原因として多いのは、アレルギー性鼻炎や風邪などによる鼻の粘膜の消耗です。こういった場合には、鼻の炎症やアレルギーを抑える飲み薬、点鼻薬などを用います。以前から何度か鼻出血をくり返すという方は、知らないうちに鼻の炎症を起こしている可能性があります。

キーゼルバッハ部位は鼻の入り口付近なので、15分ほど鼻の入り口を強くつまみ続けていれば、大抵の鼻出血は自力で止めることができます。

鼻出血を止める方法として大事なのは、まずこのように圧迫する事です。

ただ、まれに鼻の奥の血管が破れて出血することがあります。

奥からの出血だと、鼻の入り口を圧迫しても止める事はできません。

こういった場合には、早めに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

鼻骨骨折

鼻骨骨折とは、鼻の骨が折れた状態です。

この骨折は主にケガや事故で顔面や鼻を強打する事で起こります。骨折の度合いにより、鼻の根本を中心に鼻が曲がってしまう事があります。

しかし、骨折して数日すると鼻が腫れて曲がり具合がわかりくにくくなりますので、なるべく早く受診しましょう。

鼻骨骨折の治療は折れて曲がってしまった部位の整復です。
しかし、鼻骨や顔の骨の整復術については、全ての骨折例に適応されるものではありません。

鼻骨と同時に周囲の顔面骨が折れていると、物が二重に見えたり、口が開きにくくなる事があります。このような機能障害を伴う場合、鼻が曲がっていなくても整復術の適応となってきます。骨折があっても鼻が真っ直ぐで機能障害を伴わない例では、整復は行わず骨がくっつくまでそのまま様子を見る事になります。

また、鼻骨骨折の診断にはCTやレントゲンといった画像検査が必要になる事があります。こういった検査や整復術が必要なときは、大きな病院へ紹介させていただきます。

嗅覚障害

においの感覚に何らかの異常をきたす症状で「嗅覚異常」とも言われています。
嗅覚障害は風邪やインフルエンザなどの呼吸器系の感染症や、花粉症などアレルギー性鼻炎・副鼻腔炎を原因として発生することがよく見られます。この場合、鼻の粘膜が炎症を起こす事によって鼻づまりがひどくなり、鼻の奥まで匂いが届かなくなる事が原因です。治療としては、主に投薬により原因になった炎症を抑えます。

 

原因不明の例も見られますが、そのような場合でも投薬によって改善する事はよくあります。精密検査が必要な方には、適宜大きな病院を紹介させていただきます。

2020年、新型コロナウィルス感染症に嗅覚・味覚障害が伴う事が注目されました。しかし、このように嗅覚障害はコロナウィルス感染症特有の症状ではありません。元々風邪やアレルギー性鼻炎の方によく見られる症状である事を念頭に置いておくと良いと思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME