メニュー

のどの病態 (のどの痛み・扁桃炎・ポリープなど)

のどのどに感じる痛みの多くは、咽喉頭(いんこうとう)や扁桃(へんとう)に細菌やウイルスが感染し、炎症が起きているときに出現します。

のどの痛みは急性咽喉頭炎や急性扁桃炎などの主要な症状のひとつです。風邪の場合ものどに炎症を起こしやすく、痛みを感じることがよくあります。  

のどの症状

のどが痛い、声がれがする、食べ物がつかえる、呼吸が苦しい時がある、など

のどの病気

咽喉頭炎

咽頭・喉頭はのどの場所を指す言葉です。おおざっぱに分類すると、咽頭はのどの浅い部分、喉頭は深い部分になります。咽喉頭炎とはのどの炎症の事です。風邪の病態のひとつとして現れることが多く、のどの痛みや発熱、声がれ、咳や痰といった症状が出現します。
原因として多いのは細菌やウィルスの感染ですが、慢性化したものは胃酸の逆流や喫煙などが関与する事もあります。

また、急性の咽喉頭炎が重症化するとのどの奥の腫れがひどくなり、空気の通り道がせまくなって呼吸困難のおそれが出てきます。そのため、症状がある程度重い場合には、喉頭ファイバースコープを用いて咽喉頭を観察し、炎症の部位や程度・気道狭窄の有無などを確認する必要があります。
急性期には、風邪症候群に準じた薬の処方や対症療法、吸入治療を行います。重症化した場合には、強力な抗生剤の点滴や外科的処置が必要となる事があります。そのときには、大きな病院へ紹介させていただきます。

慢性化した例では他の疾患が存在することが多いため、その治療を並行して行っていきます。

扁桃炎

扁桃とはのどにあるリンパの器官で、菌を体の中に入れないようにするための免疫細胞が集まっている場所です。菌は鼻や口から侵入しやすいので、鼻の奥やのどを取り囲むように何種類かの扁桃が存在しています。
扁桃内で菌が活性化すると扁桃炎を起こし、のどの強い痛みや高熱の原因となります。

悪化すると扁桃の周りに膿がたまる扁桃周囲膿瘍という状態に発展する事があります。こうなると扁桃の周りを切開して膿を取り除かないと改善しない事が多いです。さらにひどくなると、膿の範囲が広がり気道を圧迫する事があります。ここまで悪化すると緊急入院・手術が必要になります。

しかし扁桃炎は早めに治療を受ければ、抗菌剤や鎮痛剤などの飲み薬だけで治る事が多い疾患です。
扁桃炎を頻繁にくり返す場合は、扁桃を摘出する手術を受けた方がいい場合があります。

年に数回以上急性の扁桃炎を起こし生活に支障の出る方は、この手術を考えた方がいいと言われています。
手術には1週間から10日間の入院が必要となりますので、必要性がある場合には大きな病院に紹介させていただきます。

声帯ポリープ

声帯とはのどの奥にある声を出すための器官です。声帯ポリープは、声帯に発生する良性のできものです。仕事で声をよく使う人や、急に大きな声を長時間出した人に発生しやすいと言われています。
声帯ポリープができると声がかすれたり、長い時間声を出すのがつらくなったりします。
治療は手術でポリープを切除する事です。
全身麻酔で手術をする事が一般的ですが、ポリープの大きさや状態によっては、入院せずに外来で切除できる場合もあります。
良性疾患なので大急ぎで手術する必要はありませんが、いずれにしても専門外来での治療が必要になります。その際には当院から専門機関へ紹介させていただきます。

声帯結節

声帯結節とは左右の声帯に節(ふし)のようなものができる病気です。酷使された声帯の一部が硬くなり、足にできるタコのように盛り上がって発生します。歌手、教師、保育士といった日常的に声をよく使う職業の方によく見られます。声帯結節ができると声がかすれたり、長い時間声を出す事がつらくなったりします。

治療は声の安静を保つことです。大きな声での発声を控えたり、発声の回数を減らしたりするなどして声帯にできたタコを小さくしていく事が大切です。仕事でどうしても声を使わなくてはならない場合は、可能であれば発声の機会を減らしたり、発声後は声を出さない時間を作るなど工夫が必要になってきます。

声がれの症状が強いときには、手術でタコの部分を削るという方法もあります。

手術は全身麻酔になりますので、入院が必要になります。

手術の適応を考えるときには、当院から専門機関を紹介させていただきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME